実務研修

若手技術者実務研修[建築技術コース]

認定訓練

建築科 若手技術者実務研修

CPDS

25ユニット

大手・中堅建設会社の第一線で活躍中の専門技術部の方々を講師として招きます。
実例に基づく設計図書等を用い、各種模擬実習及び現場見学等により、技術者としての基礎的な実務能力を短期間に体系的に習得いただけます。7月からWEBでのみ受付開始します。

開催計画 ①令和5年11月  7日(火)~10日(金)7月からWEBで受付を開始します。
②令和5年11月14日(火)~17日(金)   〃
訓練日数 4日間
訓練時間 27時間
定員 20名
受講料 会 員:44,000円(税込)
会員外:50,600円(税込)
テキスト代含む
修了時特典 建築技術者としての基礎的な実務能力を習得できます。
受講資格 前年又は本年度に入社された建築技術担当社員
講習内容
  • 工程管理
  • 品質管理
  • 原価管理
  • 安全管理
  • 現場見学

演習を交えながらの講義

座学の総仕上げに現場見学も予定しております。

使用テキスト
  • 品質管理建築施工管理チェックリスト
  • 建築数量積算基準・同解説
  • 工事請負契約約款
  • 新入社員マニュアル 等
講習会場 三田建設技能研修センター

DSC04379DSC05263

※内容・時間・場所については、実施状況により変更になる場合があります。

令和3年度受講生の感想(抜粋)

《授業内容:工程管理》工程管理をする時には、その日の天気を確認したり、職人、材料などの確実な手配をする際の注意やポイントを学ぶことができました。

《授業内容:原価管理》工事原価がどう決まっていくのか知らない部分が多かったので勉強になりました。積算では、コンクリート、型枠、鉄筋の数量を出しましたが、鉄筋の計算が難しく、とても苦戦しました。徐々に理解して、工事原価の削減や打合せに参加できるようになりたいです。

 

お申し込み

WEBからのお申込み

WEB予約はこちら

7月から受付を開始します。
Web予約画面から研修・講座、日付を検索し、お申し込みしてください。
予約が完了しますと、メールが受講者に届きます。

郵送・FAXのお申込み

受講申込書をダウンロード

郵送・FAXで受付は行っておりません。
WEBでお申し込みください。

トップ